追蹤
百合薔薇隨手雜記
關於部落格
深坑跳死人不償命!!跳入前請自備繩索或繩梯,保暖衣物,手電筒,戰備糧食(何)

麻痺瑪奇mabinogi被停貝婷伺服新人一枚!!
  • 32445

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    2

    追蹤人氣

片恋艷花-藤乃靜留(HiME初戀方程式第二樂章)

靜留-HiME初戀方程式第2樂章(圖片取自G媽的秘密天堂)


圖片轉自G媽的秘密天堂,版權所有,請勿任意轉載!


片恋艷花

作詞 : 畑 亜貴 / 作曲 : YORI / 編曲 : 樫原伸彦 / 歌 : 藤乃静留 (進藤尚美)

「夢かうつつか 春たちて さくら花散る そして、うちは恋に落ちました。
 想う恋、忍ぶ恋、燃える恋、いけずな朧恋」

濡わた髮にそっと 唇よせて目を閉じて
淚ぐんだらあかん?

胸を焦がして追いかけた
あやかしみたいに追いかけた
いつか一緒に死にたいわ
あゝ夢に操らわ 舞う恋の花

風が吹いただけで
散りゆく定めなら
抱きあっつたその日に燃えてしまいたい
そして紅(べに)の色があせてゆくように
いとしい人のなか灰になりたいの

思いきれない侘びしさと
伝えそびれた侘びしさと
うちが死んだら泣きはるの?
あゝ聞けば枯れそうな 片恋桜

星が凛と鳴れば
夜道を照らすから
想いはとまらない燃えて燃え尽きて
こんどこそ逃がさない
この身が消えても逃がさない

「夏虫の 身をいたづらに なすことも ひとつ思ひに よりてなりけり
これは古今集から恋の歌。
せやな、うちも似たようなもんどす。
火を愛して炎に飛び込む夏の虫。
うちがそないな想いの炎によって身を滅ぼしたい思います。」

風が吹いただけで
散りゆく定めでも
想いはとまらない燃えて燃え尽きて
こんどこそ逃がさない
この身が消えても逃がさない

面影に醉うほど 今宵乱れます...

「恋の色ってなんやろね。
秋の海に映っているお月さん色。
はんなり雪化粧、真白い心色。
さくら散る散る思い出、乙女色。
うちは全部あんたの色に染めてみせます。
この世の誰よりもあんたのことが好きどす。
たとえ世界を敵に回しても…そう、閻魔さんや神さんだってかましません。
うちが守ってみせます。」



十二的中文翻譯

「是夢抑或是現實? 春臨櫻凋散 而我墜入愛河了
思念之戀 隱忍之戀 燃燒之戀 居心不良的朦朧之戀」

悄悄地將唇靠近濡濕的頭髮 我閉起了眼

含著眼淚也不可以嗎?
心懷煎熬地追逐著
像是傻子似地追逐著
真希望哪天能與妳共赴黃泉
阿阿 受夢境擺佈 戀之花飄舞

若是風一吹就會隨之飛逝的命運的話
真想在與妳相擁的那天就燃燒殆盡
如同火色漸淡般
我想在吾愛懷中幻滅成灰

無法停止的悲哀
無法傳達的悲哀
若我死了妳會哭泣嗎?
阿阿 彷彿出言詢問就會枯萎般的單戀櫻

星星寒徹放光明
照亮著夜晚的街道
思念無法抑制直至燃燒殆盡
這次不會再逃避了
即便此身毀滅也不逃避

「燈蛾徒撲火,何事自燒身。一往情深處,無明復滅因。 (*註)
這是古今和歌集裡的戀歌
是阿 我也覺得這好像在說我
因為愛上火而投身火焰中的夏蟲
我想要在那種思念之火中自我毀滅」

即使是風一吹就會隨之飛逝的命運
思念無法抑制直至燃燒殆盡
唯有這次絕不會再逃避了
即便此身毀滅也絕不逃避

沉醉在妳的幻影裏 今宵迷亂

「什麼是戀愛的顏色呢?
是映照在秋之海上的月之色
是華麗的雪景 純白心之色
是櫻花凋散飛舞的回憶 少女之色
我要全部都染成妳的顏色 這世上沒有人比我更愛妳
即使要與全世界為敵 是的 無論是閻王或是神祇都無所謂
我都會守護著妳」

(*註)出自古今和歌集第十一卷 戀歌一 譯者 : 紀淑望



以上歌詞和翻譯轉自十二大的網站-半日月之殘


 

相簿設定
標籤設定
相簿狀態